こんにちは、感情セラピストのYoko Harmerです

 

今日は、鏡の法則、についてお話ししようと思います。

私にとって「鏡の法則」は受け入れがたいもの、でした

嫌な上司の行動、イライラする子どもの行動、頭にくる旦那の行動

それがどう間違えて私の鏡だと???と、思っていました。

 

ごめんなさいね~、それがね~、間違いなく鏡なんですよ~

「鏡の法則」は、受け取り方にコツがあります。

そのコツさえつかんでしまえば

嫌な上司も、泣き叫ぶ子どもも、嫌味を言う旦那も

みんな私の鏡!と、感謝ができるようになります

 

まずは、結構ストレートにみせてくれる鏡

「やるやる言ってやらないパートナーに腹が立つ」

→やろうと思いつつも始められていない自分に気付く

「すぐ泣いて、泣き止まない子ども」

→本当は泣きたいほど辛い自分の気持ち、ほったらかしてない?

「機嫌悪くって怒りまくっている子ども」

→本当は何かに怒っているのに見ないふりしたり、蓋してることない?

「私の話を全然聞いてくれないパートナー」

→自分も相手の話を聞いていない、もしくは、

自分の本当の気持ちを聞いている?(本当は仲良くしたいとか)

 

次は、ちょっと深く見てみると、大切なメッセージをくれる鏡

例えば、家族ぐるみのお友達が来る予定がありお家を片付けている時

旦那は知らん顔で好きな事をしている

子ども達は片付けたとこから散らかしだす

誰も助けてくれないし、知らんぷりっ!

「これの何が鏡の法則なの!」と思いますよね。

ちょっと詳しく見ていきます。

 

まず、①私が思っていたのは

「みんなの大事なお友達が来るんだから片付けようよ!

お友達が来て気持ちよく過ごしてほしいじゃん」

「誰かが片付けているのに知らん顔なんて信じられない」

「手伝え!、最悪でもは汚すな!」

「なんで私だけがやらなきゃいけないの!」

ここは、イライラ、怒り、悲しみなどの感情の動きを見ています。

 

で、知らんぷりしている②彼らの事をどう思っていたかというと

「手伝ってあげようという気持ちがない」

「面倒くさい事はしたくない」

「お客さんの気持ちなんてどうでもいい」

ここまできて、もちろん、ここが自分の鏡、ではありません。

 

この後に、相手、に向いていた感情の矢印を、自分、に向けてみます。

「手伝ってあげようという気持ちがない」

→手伝って、って言っても手伝ってくれないと思っている自分がいる

「面倒くさい事はしたくない」

→子どもが手伝いだしたら、ちょっと面倒でもある、と思ってる

「お客さんの気持ちなんてどうでもいい」

→いつもちゃんとしているところを見せなきゃ、とも思ってる

ここで、かなりの気付きが出てきます。

 

そして最後は、③どうしてほしかったの?

私の気持ちは「手伝ってほしかった、一緒にやってほしかった」でした。

 

ここでね、私は、本当は手伝ってほしかったのに

その気持ちを「知らんぷり」していた自分に気が付いたんです。

自分だけで掃除しつつ、家族の態度に腹を立て、

「手伝って」と声をかけることをしていなかったんです。

もちろん声をかけない理由は②であげたもの。

 

後日、また、ひとりで掃除していた時

前回の状況から出てきた②と③のメッセージを思い出しつつ

今度は旦那と子どもに「これやって」と、お願いしたら

「いいよ~」と、軽~いお言葉(え、こんな簡単だったの?と拍子抜け)

 

私はこのことから

「私がやらなきゃいけない」

「どうせ誰も助けてくれない」

なんて気持ちを実は持っていたんだな~と気が付くことができました。

 

「鏡の法則」をまとめると

一つ目は、ストレートに自分の鏡

二つ目は

①での感情の動きから「何かに気付くチャンスだよ」のメッセージに気付く

②で、自分が相手をどう思っているか考えてみる

そして、それを、自分の中にないかな?と探してみる

③に、本当はどうしたかったんだろう?を考えてみる。

この流れで、自分が気が付いていなかった、自分に対する想いを見つけ、行動に繋げます。

 

これが大切な「鏡の法則」からの自分への気付きです。

ぜひ、試してみてね

 

そんなこと言っても、なかなかメッセージが出てこないよ~、という方

苛立ったり、悲しくなったり、ネガティブな感情が出てきているなら

感情セラピーもお勧めします

ネガティブ感情は、大切なことに気付く時だよ~、というメッセージ。

良かったらFacebookページ、もしくは、Lineから、お気軽にお問い合せしてみてね

https://www.facebook.com/love.yokoharmer

ライン公式はこちらです
https://lin.ee/l7gUOqX

 

 

 

 

 

 

 

ハーマー陽子生きている目的(使命)を見つける専門家

セラピストのプロフィール

私自身が感情セラピーと出会ったことで、辛い人間関係、育児の問題、鬱、親との確執などを乗り越え、そのままの自分でいられる幸せを受け取ることができました。

感情セラピーをするとどうなるの?
1,インナーチャイルド・トラウマが癒される
2,本当の使命に気付いて、そこを生きていく事ができる
3,私らしさを取り戻しつつ、人間関係が改善する
4,止めているブロックをはずすして前に進むことができる
5,周りが勝手に変わっていく

小さな悩み、ずっと抱えている悩み、どうにもならないと諦めている悩み、その悩み自体が、あなたに「今が変わるタイミングだよ」と教えてくれているように思います。

日本とオーストラリアで15年以上の看護師経験とコーチングスキルから、安心して話せる場を作れるのが強みです。これもタイミングかな?と感じている方、ぜひ一度ご連絡くださいね。

セラピストの最新記事

関連記事

ALLEmotionsの思い
感情をコントロールする
お金のブロックを外す
感情セラピストになる
ページ上部へ戻る