「〜であるべき」に気づくことが、まず一歩

こんにちは。セラピストの彩です。

 

緊急事態宣言が延長されましたね。

 

私はもともと家で仕事をしていたので、自粛ムードでもあまり影響がない部類。

そして、フリーランスにもかかわらず仕事もいただけていて、かなり幸運だと実感しています。

 

むしろ世間の動きとは逆行するように、ものすごく忙しい1ヶ月を過ごしていました。

 

忙しくなると、どうしても他のことがおろそかになってしまいますよね。

 

私の場合は、SNSがおろそかになります……。

 

発信されている情報のチェックも、自分自身の発信もほとんどできなくなる「SNS離れ状態」!

これが続くとだんだんしんどくなるんです。

 

「情報が来ているのに、反応しなかったら嫌な思いをさせてしまうかな?」

 

考え出したら気になって気になって、仕事が手につかなくなってきます……。

なので、私は無理やり仕事に集中させるわけですが、そうすると、今度はまったくSNSから頭が離れてしまうんです。

PCを開くと……ズーン

コメントが来ていても気づかない。気づいても後回し。

 

これがさらに進行すると、「SNSに戻りたくても戻れない状態」になります!

「よし、SNSをチェックしよう!」と思っても心がズーンと重くなり、PCを目の前にしてフリーズすること小一時間。

 

PCをパタンと閉じます。笑

 

 

SNSでの人間関係に疲れてしまう「SNS離れ」に近いのでしょうが、戻りたいのに戻れない、このモヤモヤ。

SNSに戻るのに気力がいるというのは、何かブロックがあるのかも?

 

ということで、じーっと考えてみました。

 

そこで出てきたのは、

 

「人の発信に対して反応できなくて、私は感じ悪い人間だ」

なんで?

「人に合わせなきゃいけないから」

「人に感謝しなきゃいけないから」

「人に共感しなきゃいけないから」

 

こうすべきという自分の中の規範に合わない行動(SNSを無視し続ける)をしているから、気持ちが悪いんですね。

この場合、「自分の中の規範」か「行動」を変えることで、モヤモヤが解消されそうです。

考えていることと行動を整える

SNSを常にチェックするように行動を変えるというのは、こういった仕事の仕方を続けている限りは難しいかもしれません。仕事に集中しながら他のことも注意を配れるようになる……必要はあるかもですが、私の場合訓練がたくさん必要そうです。考えるとちょっとつらい!

 

では、「自分の中の規範」を変えるのはどうでしょうか?

 

人に合わせなくても大丈夫、感謝しなくても大丈夫、共感しなくても大丈夫。

 

え、これはダメでしょ!?ってなりますよね。

私は正直どきどきします。

 

「感謝できなくなったら人としてダメだ!」って。

 

けど、まずは受け入れることから。

 

人に合わせられない自分を許す。

人に感謝できない自分を許す。

人に共感できない自分を許す。

 

書いていて、少し落ち着いてきました。

こんな自分だけど、人を認める自分でありたいなって。

 

「人を認める自分でなきゃダメだ」から「人を認める自分でありたい」

だいぶマイルドになりました〜。

 

忙しいと文字通り心を亡くして、感情がわからなくなりがちです。

この1ヶ月間でなくしていた感情は、多分たくさんありそう……。

 

忙しい時はそのことさえも気づきませんが、「こうすべき」と思っていることに気づくことは大切。

自分を苦しめていると同時に、自分という人間を形成する要素でもありますからね。

 

これからゆっくり取り戻す時間をとっていきます。

石崎彩感情ライティングの専門家

セラピストのプロフィール

強みは、親しみやすい雰囲気があるので、話してもらいやすいこと。
また、その人の感情を整理して文字化すること。
信念・ブレない思いは、自分の最高のパフォーマンスをお届けすること。

セラピストの最新記事

関連記事

ALLEmotionsの思い
感情をコントロールする
お金のブロックを外す
感情セラピストになる
ページ上部へ戻る