完璧なママを止めた方が良い理由

暦上は冬ですが、27度の温かいオーストラリア、ブリスベンより
感情セラピストのYokoです。

昨夜は温かかったのでお家で子ども達とアイスクリームを食べました。
バニラにチョコレートがコーティングされたアイスクリームをそれぞれ手に持ち
ソファに座ってご満悦!

でも、温かいので、すぐに溶けてポタポタ落ちるため
子ども達にお皿を持たせ
「こぼさないでよ~!」って言いながら食べ始めました。

案の定、息子はチョコレートもバニラもポタポタ
でも、ちゃんとお皿にキャッチ!

娘はなんとアイスクリーム丸ごと膝の上に落としつつも
何とか素早くそれをキャッチ!

みんな美味しく頂きました。

で、ふと自分のスカートを見ると
な、な、何と!チョコレートの大きなシミが!
あれだけ子ども達にこぼすな!と言いながら
こぼしていたのは私~。

それを見ていた息子の顔!!!
「何で~~~⁉」

自分が親になって分かるけど
親って、完璧じゃないよね。

子どもの頃、私は「親は完璧であり、いつも正しい」と思っていました。
親が言うようにできなきゃいけない
できない自分はダメ
自分に自信がなくって
「ほら、だから言ったじゃない」
ってなるのが嫌だったな~

だから、自分が親になってからは
ちゃんとお料理できるようになって
ちゃんと片付けて、掃除して
ちゃんと子どもとの時間を作って
ちゃんと、ちゃんと、ちゃんと
って、頑張ってきました。

でも、完璧にできる事なんてとても少なくて
周りの「できるママ」と比べて
できない事ばかりに目がいってしまい
そうすると、子どものできないとこにも目がいってしまう。
自分のできないとこが許せないから
子どものできない所も怒ってしまう。

だけど、本当に子どもに伝えたいのは
「失敗しても大丈夫だよ」とか
「できないことがあっても大丈夫だよ」という事だったり
いつ、どうやって「助けて」と言うか、とか
困っている人がいたら助けてあげようね、とか
そして
ママはそのままのあなたが大好きだよ、という事。

何でも完璧にこなしているママには
できないって言いにくいし
どんな時に「助けて」と言うのかわからないし
自分でできない自分をダメと思い
自分の事を嫌いになってしまうかもしれない

でも、できないママからは
困った時の対処を学べるし
助け合う事の温かさを学べるし
「僕/私も、ママの事を助けてあげる」
なんて経験もさせてあげられる!

私がアイスクリームをこぼしたのを見て
息子が言ったのは
「ママ、拭けば大丈夫だよ」でした。

失敗するのもあり
できない事もあり
そんな自分でもいいんだよ~
(親も人間、たいしたことない)
を、子どもに教わる毎日です。


ハーマー陽子生きている目的(使命)を見つける専門家

セラピストのプロフィール

私自身が感情セラピーと出会ったことで、辛い人間関係、育児の問題、鬱、親との確執などを乗り越え、そのままの自分でいられる幸せを受け取ることができました。

感情セラピーをするとどうなるの?
1,インナーチャイルド・トラウマが癒される
2,本当の使命に気付いて、そこを生きていく事ができる
3,私らしさを取り戻しつつ、人間関係が改善する
4,止めているブロックをはずすして前に進むことができる
5,周りが勝手に変わっていく

小さな悩み、ずっと抱えている悩み、どうにもならないと諦めている悩み、その悩み自体が、あなたに「今が変わるタイミングだよ」と教えてくれているように思います。

日本とオーストラリアで15年以上の看護師経験とコーチングスキルから、安心して話せる場を作れるのが強みです。これもタイミングかな?と感じている方、ぜひ一度ご連絡くださいね。

セラピストの最新記事

関連記事

ALLEmotionsの思い
感情をコントロールする
お金のブロックを外す
感情セラピストになる
ページ上部へ戻る