わたしとずっと一緒にいてくれた人

感情セラピーを受ける前のわたしは、

一旦人と繋がってもどこか離れたくなってしまったり、

人にチヤホヤされるけれど、あとになるとドッと疲れたり。

そんなことを繰り返していました。

その奥にあったのは、幼い頃のいじめで根付いてしまった

・わたしの言うことなんて誰も聞いてくれない

・本当の自分を見せたら叩きのめされる

という想い。

その想いが根っこにあることで

自分でも氣づかないうちに人と関わるのが怖くなっていたり、

無意識に大切な人と距離をとってしまっていたことに氣づきました。

セラピーをすると、ネイビーの服の女の子が出てきました。

あとになって、手に持っていたハンカチから

小さな頃のわたしだなぁ〜って氣づきました。

その子は

「ずっと見ていたよ」

「ずっと一緒にいたよ」

そうわたしに優しく伝えてくれました。

ずっとずっと、

わたしのことなんて誰も信じてくれないと想ってた。

けれど、わたしの中の小さなわたしは、

ずっとずっと一緒に歩んでくれていたんだ。

そう想うと不思議な安堵感が湧いてきました。

セラピーを受けてからは、

チヤホヤされるという感覚はなくなりました。

けれど、

それが不快ではなくなっていることに氣づきました。

これまではこの場が丸くおさまるならと

自分も過剰に人に氣を遣い、相手もわたしに氣を遣っていた。

その感覚が薄れて、

人との関わりの中で安心感が増えていきました。

本当は構って欲しかったのに素直になれなかったこと。

助けて欲しかったのに助けてと言えなかったこと。

それもわたしが傷つかないように守ってくれていた

優しさなんだと氣づくことで、

わたしへの優しさも戻ってきました。

1度のセラピーでこんなに変わるなんてびっくり。

そして、心から受けてよかったと想います。

⭐︎

陽だまりさん(50代・女性)からの感想を紹介させて頂きました。

感情セラピスト:彩ね。

https://www.instagram.com/colorful_voices8888/

彩ね。(あやね。)自分の命の尊さに氣づき愛に満ちた人生に導く専門家

セラピストのプロフィール

わたしたちひとりひとりが唯一無二の尊い存在であること。
わたし自身が命と向き合った経験・幼い頃父を亡くした経験から、
言葉にならない深い想いや、誰もの命の核にある美しさや尊さを
アートやセラピーを通してお伝えしています。

セラピストの最新記事

関連記事

ALLEmotionsの思い
感情をコントロールする
お金のブロックを外す
感情セラピストになる

YouTube

facebook

instagram

ページ上部へ戻る