セラピストのプロフィール

まり ー 「好きな自分」を引き出す専門家  ー

お問い合わせURL
準備中

強み、信念、ぶれない思い
強みは笑顔。
信念、ぶれない思いは感情と向き合うと、本来の自分と出会えること。

やっていること、これからやっていくこと
「好きな自分」を見つける。
見つけることで、自分を大切に、大好きになる感情セラピーです。

得意分野
笑顔にさせること。
企画イベント業務、お金、資産運用の相談。

カテゴリー
準備中

各種イベント・セッション一覧ページ
準備中

ごあいさつ
はじめまして、感情セラピストのまりです。
自分の感情と向き合うことで、「好きな自分」を見つけるお手伝いをしています。本来、誰しも自分のことは好きなんです。こんなところが私のいいところ!この気持ちを大事にしている!という思いに気づくことができます。

かつて私は、自分がやりたいことだったり、好きなこと、嫌いなこと、苦手なこと、得意なこと全てにふたをしていました。苦い思い出と共に。

感情セラピーは、本来のありのままの自分に戻してくれました。

ずっと握りしめていた感情を、手放してあげることで、気にしていたことが全く気にならなくなったり、こんなに身体が軽くなるのか!と驚きと嬉しさがあります。

心と身体はつながっているんですね。大物(奥底にある感情)を手放したときの開放感はたまらないですよ!

「好きな自分」を認識することで、何かを決めるときや、将来のイメージ、物事の見方をいい方向へ変えることができるようになります。

一緒に感情をみつめ、楽しみながら「好きな自分」を見つけましょう!

なぜこの仕事を始めたのか
仕事柄、女性の方とお話する機会が多く、少しでも女性の役に立てることがあればいいなという思いがあり、感情セラピストとして活動しています。

元々オープンな性格なので、知り合いも多く、人生やりたいことはやる、努力して続けていけば何でもできるというポジティブな考え方を持っていました。

その反面、周りの人より上にいたい、この人のこういうところはダメだなど、周りの人を評価したり、自分と比べていたように思います。

前職では、かなりバイタリティーを持って働いていました。仕事が生きがいのようになっていたのですが、ある「事件」が起こり、その出来事がトラウマで、5年ほどずっと「触れたくない思い」を抱えて生きていました。

今振り返ると、当時は何も考えないように、感じないように、過ごしていました。自分の感情にふたをしていたんですね。本当の私はこうじゃない。と思う反面、本当の私を出したくない。そんな葛藤をずっと持っていました。

現在の仕事は、女性のためのコミュニティを運営しています。同世代の方と話すことで、少しずつ仕事の楽しさを見いだすことができました。

今まで500人ほどの、お金に関する悩みをカウンセリングしています。その悩みの多くは、「将来がなんとなく不安」という回答がほとんど。お金を貯めたり、運用したりというノウハウも大事ですが、根本的な解決になってないのではと心の中で思っていました。

その中、会社の企画で押野さんの感情セラピーと出会うことに。

セラピーを受けて、最初に感じたことは、自分の気持ちを無視していたこと、責めていたことにごめんね。という思いでした。その思いに気づいてから、自分は本当に愛おしい存在なんだと感じるようになりました。

自分で言うのも何ですが、私は感情表現が豊かな方で、その感覚を取り戻すことができた気がします。笑いたい時は大きい声で笑う、悲しい時は泣く、これが私が「好きな自分」だと。この自分でいいんだと思うことができました。

また、仕事でも多くの女性の悩みにあった「将来への不安」も、セラピーをする中で、「楽しい将来」に見方を変えたり、「好きな自分」に気づいてもらうことを、なにより嬉しく思います。

以前の私のように、何年も悩みを抱えていたり、感情に触れられずにいる人が、笑顔になるお手伝いをしたい。そんな思いで活動をしています。

つい頼まれてしまうこと
イベント企画
盛り上げ役
幹事(主に飲み会)

経歴・バックグランド
秋田県生まれ。地元の金融機関で4年勤めた後、上京。女性専用の会員制ビジネスサロンの立ち上げに携わる。その後、クレジット会社に勤めるが部署が変わり、女性のための「お金」に関するコミュニティ「富女子会」運営事務局に在籍。ライター業も少々。

資格
感情セラピスト
貸金業取扱主任者

ホームページ・運営サイト
準備中

ブログ
まりりんの気持ちブログ

趣味、特技
ヨガ歴7年。体を動かす事全般得意です!

好きな言葉
「私らしく」、「あるがまま」

  • 登録されている記事はございません。
ALLEmotionsの思い
感情をコントロールする
お金のブロックを外す
感情セラピストになる
ページ上部へ戻る